キーボード・キースイッチ・ポインティングデバイスの開発・設計・製造,入力装置の専門メーカー「金井電器産業株式会社」
キーボード・キースイッチ・ポインティングデバイスの開発・設計・製造,入力装置の専門メーカー「金井電器産業株式会社」
ポインティングデバイス

 スティックポインタモジュール
概要 ■コンピュータ用のポインティングデバイスとして、キーボードのホームポジション部に実装可能なスティックポインタ。
■産業機器、医療機器の操作部に実装を提案します。
特徴 ・静電容量方式のセンサを採用した スティック ポインタ です。
・省電力、薄型・軽量です。
・お客様の制御部と共存してカスタマイズが可能です。
・コンピュータのPS2マウス、USBマウスインタフェースへの接続が可能です。
・USBマウスインタフェースで直接PCに接続可能なポインティングスティックを品揃えしました。お客様にてマウス用3ボ
 タンとロータリエンコーダをご準備いただいて接続いただくとホイール機能もサポート可能です。
構成  スティックポインタモジュールはセンサ部をキーボード内に実装して、 制御回路部をお客様の制御基板上に実装していた
 だくポインティングデバイスです。
 小型、省スペース、および価格抑制への効果を提案します。
 

※上図のように基板上に形成した電極a・電極bとダイヤフラムとの空間間隙(静電容量)の変化を検出する。
検出原理  ダイヤフラムと電極の空間間隙(静電容量)の変化(センサ部)を時間Tに変換して その長短でカーソルの方向と移動量
 を算出します。
 スティック部を左右に荷重を加えると、下図のようにダイヤフラムに歪が発生して基板上の電極aと電極bとの空間間隙が
 変化します。この変化による空間間隙の静電容量を電気的に検出して、スティックの負荷方向と強さからマウスカーソル
 の移動方向と移動量に変換してコンピュータに通知します。
応用例 キーボードやテンキーパッドへの実装例
ドキュメント
(カタログ)
 stick_pointer.pdf

 ◀製品紹介に戻る

 USBスティックポインタ
概要  ポインティングスティックのセンサ部と制御回路部を一体にして、コンピュータへのインタフェースにUSBを採用したUS
 Bスティックポインタです。
 お客様のキーボードに実装いただくだけでポインティングスティックによるカーソル操作を可能にします。
構成
(※1)  お客様にてご準備いただきます。
ドキュメント
(カタログ)
 pointer_w_cntl.pdf

 ◀製品紹介に戻る

 タッチパッド
概要 ■タッチパッドとテンキーを一体化したポインティングデバイスです。
■モジュールは、ケースに入れることも、装置に組み込むこともできます。
特徴 ・同一操作面で機能を切り替えることによりテンキー入力とマウスカーソル操作 をおこなうことができ、省スペース化小型
 化を実現できます。
・優れた清掃性、防滴性を有します。
・検出方式は、抵抗膜方式を採用しています。
・確実な押下を認識して入力が必要な用途、あるいは、手袋をして操作が必要な用途に適しています。
・入力範囲のサイズやテンキーレイアウトは、カスタマイズが可能です。
・タッチパッド、あるいはテンキー機能のみにもカスタマイズが可能です。
・小ロットの需要にも対応可能です。
構成

ドキュメント
(カタログ)
 slide_pad.pdf

 ◀製品紹介に戻る

キーボード・キースイッチ・ポインティングデバイスの開発・設計・製造,入力装置の専門メーカー「金井電器産業株式会社」
〒371-0846 群馬県前橋市元総社町337
info@kanai-denki.co.jp
Copyright(C) 2014  金井電器産業株式会社  All Rights Reserved.
Designed by CYプランニング